So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

相場:相場が回復基調に入りつつある…!? [1週間の相場を振り返る]

スポンサードリンク




1週間の相場を振り返る(日経平均:6月第2週)



皆さん、

今週の売買はいかがだったでしょうか?



常に上昇・下降を繰り返す相場の世界。

運や他人の情報に頼るばかりの

投資を続けていると、



いずれ資金が底をつき、

市場からの撤退を

余儀なくされる日が訪れます。



そうならないためにも

自分なりの『売買技術』を磨いて



『生涯現役』

を目指していきましょう!



前回のこの場では、

相場全体をふかんした時の



注目ポイントとして

以下のことをご紹介しました。





==============

当面の上げ目安は以下の2つ

 ・21,000円

 ・25日移動平均

==============



では今週の相場が

実際にどのように動いたのか



チャートを使って

振り返っていきましょう!



6月2週 チャート①.jpg



6月2週.jpg




今週の相場を

一言で表現すると



思いのほか

強い展開となった。



こんなイメージでしょうか。



結果として

今週の注目ポイントとして

あげていた



当面の上げ目安の

21,000円も

25日移動平均も

越える展開となりました。



6月2週 チャート②.jpg




25日移動平均線の傾きは

依然として(-)のままですので




基本戦略は「売り」となりますが

今週の相場の動きからは




今後

「売り」戦略から

「買い」戦略に




転換してくる

可能性が出てきたことを

示唆していますね。



そこで注目をしておきたいのが

以下の2つとなります。



①安値が切り上がるのか

②移動平均線の位置関係



それでは

これらを順番に見ていきましょう。



まずは相場が

上昇トレンドとなるためには



安値が切り上がっていく

必要があります。




つまり6/4の直近の安値よりも

次の安値が高くなるかに要注目

ということになりますね。



当面の下げ目安としては

以下の3点が意識されそうです。



・21,000円

・20,911円(3/25安値)

・20,751円(5/14安値)




6月2週 チャート③.jpg




この辺りで下げ止まり

上昇に転じてくるようですと



結果として安値が

切り上がることにもなりますね。



次に移動平均線の

位置関係について

みていきましょう。



現在の位置関係は

次のようになっています。



60日 > 25日 > 10日



上昇トレンド転換初期では

次のような位置関係に

なることが知られています。



60日 > 10日 > 25日



これらの動きを見ながら

心と建玉の準備を行う

1週間となりそうですね。



チャート「読む」目的は、

以下の3つです。



①現状の把握

②トレンド転換を探る

③近い将来の方向性を探る



今回もこの投稿の中で

紹介していますように



簡単な道具の使いこなしだけで

十分にこの3つのことを

読むことができます。



移動平均線

出来高

ローソク足

トレンドライン




あとはこれに

建玉操作を

組み合わせるだけですね。



果たして来週は

どのような展開と

なりますでしょうか…



「生涯現役」



を目指すためには

巷にあふれている価値の低い

情報収集に明け暮れるのではなく



しっかりと戦えるだけの

知識・スキル・経験

の積み重ねが欠かせません!



意味のない情報収集ではなく

生涯現役のための



売買技術の構築にこそ

自分のお金と時間をつぎこむ

自己投資をしていきたいですね。



株式投資で大切なことは、

以下の4つです。



==========

・相場俯瞰力

・銘柄選択力

・資金管理力

・売買技術

==========




この中の売買技術について

プロの投資家が大切にしている



「逆指値」



を使った 目からうろこ

かつ 簡単に実践できる



売買技術を

以下の書籍で公開しています。



今後訪れるであろう

上昇相場に上手に乗るための

ヒントが満載です。



ご興味のある方は、

ぜひこの機会に

手に取って頂ければと思います。




 



 





こちらをクリック頂けると幸いです。





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
前の1件 | -