So-net無料ブログ作成

相場:株価上昇局面に入りつつある… [1週間の相場を振り返る]

スポンサードリンク




1週間の相場を振り返る(日経平均:1月第3週)



皆さん、

今週の売買はいかがだったでしょうか?



常に上昇・下降を繰り返す相場の世界。

運や他人の情報に頼るばかりの

投資を続けていると、



いずれ資金が底をつき、

市場からの撤退を

余儀なくされる日が訪れます。



そうならないためにも

自分なりの『売買技術』を磨いて



『生涯現役』

を目指していきましょう!



前回のこの場では、

相場全体を俯瞰した時の



注目ポイントとして

以下のことをご紹介しました。



============

 底値固めの1週間

============



今週の相場が

実際にどのように動いたのか



チャートを使って

振り返っていきましょう!



1月3週 チャート①.jpg



チャートを見てみると、

下げそうで下げない



そんな1週間だったことが

分かります。



結果として週足ベースでは

陽線(上昇)

で終えています。



1月3週 チャート④.jpg



1月3週.jpg



これらの動きから

着実に底値を固めていることが

分かります。



現在と今後の相場を占う上で

とても大切な



株価と移動平均の

位置関係について

確認しておきましょう。



先週末の時点では

次のようなパターンでした。



60日(-) > 25日(-) > 株価 >10日(+)



このパターンは、

株価が下落局面から



短期的な上昇局面に転じるときに

あらわれる典型的なパターンとして

紹介しました。



そして今週末の時点では

次のようなパターンに

変化をしています。



60日(-) >株価 > 25日(-) > 10日(+)



株価が25日移動平均の上側に

シフトしてきましたね。



1月3週 チャート②.jpg



これは

株価が順調に上昇局面に

向かいつつあることを

暗示しています。



一方で

株価が永遠に上昇し続けることは

ありません。



従いまして

常に株価上昇の目安を

意識した売買が必要となりますね。



それでは今後

いったいどのあたりまで

株価が上昇していくのでしょうか?



チャートを見てみますと

21,000円に大きな抵抗線が

あることが分かります。



1月3週 チャート③.jpg



従いまして

この21,000円あたりが



当面の上げ目安

ということができます。



これらのことを意識しながら

売買を行っていくことで



初めて

売買の質を高めることが

可能となります。



「生涯現役」



を目指すためには、

巷にあふれている価値の低い

情報収集に明け暮れるのではなく



しっかりと戦えるだけの

知識・スキル・経験

の積み重ねが欠かせません!



 

生涯現役のための

売買技術の構築にこそ



自分のお金と時間をつぎこむ

自己投資をしていきたいですね。



株式投資で大切なことは、

以下の4つです。



==========

・相場俯瞰力

・銘柄選択力

・資金管理力

・売買技術

==========



この中の売買技術について

プロの投資家が大切にしている



「逆指値」



を使った

目からうろこ かつ 簡単に

実践できる



売買技術を

以下の書籍で公開しています。



今後訪れるであろう

上昇相場に上手に乗るための

ヒントが満載です。



ご興味のある方は、

ぜひこの機会に

手に取って頂ければと思います。




 



 





こちらをクリック頂けると幸いです。




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。